「新興市場」を狙え!

ETFは、証券取引所に上場しており、株価指数に連動して値が動くという仕組みです。取引所に上場しているため、非常に透明性の高い投資商品であり、いつでも売買できるというのも大きなメリットの1つですね。

さて、「証券取引所」と聞くと、どうしても「東京証券取引所」が最初に思い浮かびますが、証券取引所は他にもたくさんあります。「大阪証券取引所」もありますし、「ジャスダック証券取引所」、「ヘラクレス証券取引所」、「札幌証券取引所」など、実に多くの取引所が日本国内にあるのです。ETFは、それぞれの市場に上場しており、その中でも新興市場を狙った取引が活発に行われていますね。

東京証券所の日経平均株価は、どちらかというと「車産業」や「鉄鋼関係」などが大きな割合を占めています。しかし、これらの産業が下火になっている時などは、IT関連企業などを多く取り扱っている新興市場のETFの方が活発に値が動くのです。

たとえば「ジャスダック証券取引所」ですね。こちらにもETFが上場しているのですが、東京証券取引所が冷え込んでいる時は、ぜひ新興市場などにも目を向けるようにしておきましょう。
また、ETFは日本国内だけのものではありません。むしろ、アメリカやイギリスの方が積極的に取引されており、日本は「ETF発展途上国」なのです。

したがって、日本市場に大きな動きが見られないときは、ぜひ海外にも目を向けて、「どの市場が活発か?」という観点から、商品を選んでみるのも賢い方法の1つですね。

海外ETFの初心者向け人気証券会社 BEST3
1位: 使いやすさで人気NO1!楽天証券
2位: 総合力ならマネックス証券
3位: 根強い人気!SBI証券

関連エントリー

 
Copyright © 2010 海外ETFの配当や手数料ってどうなの?ETF初心者入門講座. All rights reserved