楽天証券

楽天証券のETFについて検証していきましょう。
「ETFをするなら楽天証券だ!」という人が多いように、じつは私も楽天証券でETFに参加した経験があります(今はもっぱらFXですが…)。

楽天証券のETFが人気である理由はたくさんありますが、やはり取扱銘柄の豊富さには驚かされます。海外ETFで人気なのがアメリカや中国の市場ですが、アメリカ市場で「約600銘柄」、中国市場で「約240銘柄」と、業界内では群を抜いて豊富な商品のラインナップを取り揃えています。

また、今ではネットを通して取引する「ネット証券」が主流になっていますが、ネット取引が出始めてから、手数料が急激に安くなりましたね。店頭による販売活動よりもコストを大幅に削減できるため、削減できたコストを私たちに還元しているということなのですが、楽天証券の海外ETFの手数料は、業界屈指の低い水準になっています。

ETFは、個人投資家も多く参加しているのですが、個人投資家の多くは小口取引を主としています。それほど大きな資金は用意できませんので、数万円単位で取引されている人も多いのです。資金が少ない時、最も注目したいのが手数料の金額です。

少ない資金で高い手数料がかかってしまうと、その分だけ投資効率が落ちますし、利益も大きく圧迫されてしまいます。その点、楽天証券の手数料は個人投資家にも優しい水準になっていますので、「少ない資金で効率よく運用したい」と考えるのであれば、一度楽天証券のETFをチェックしてみましょう!

 >> 使いやすさで人気NO1!楽天証券

海外ETFの初心者向け人気証券会社 BEST3
1位: 使いやすさで人気NO1!楽天証券
2位: 総合力ならマネックス証券
3位: 根強い人気!SBI証券

関連エントリー

 
Copyright © 2010 海外ETFの配当や手数料ってどうなの?ETF初心者入門講座. All rights reserved