ETFで「空売り」してみよう

「空売り」という言葉をご存知ですか?批判的な意見も多いのですが、取引のテクニックの1つです。たとえば、一般的な売買の場合、買った時よりも価格が上がれば利益になりますよね。一方、買った時よりも価格が下がれば、その分が損失となって返ってきます。

しかし、空売りの場合、この当たり前の仕組みが正反対になるのです。つまり、買った時よりも価格が下がれば利益になり、上がればその分が損失となるのです。一体どのような仕組みなのか、それを簡単に説明していきます。

空売りの仕組みを簡単に説明すると、「借りた物を売って、後ほど買い戻し、それを元の所有者に返す」という流れになります。たとえば、あなたがETFの10000円分を空売りするとします。この場合、まずあなたは業者から10000円分のETFを借ります。そして、そのETFを一度売るのです。この時、あなたの手元には10000円のお金がありますよね。

そしてしばらく待って、価格が8000円にまで下落した時点で買い戻すとしましょう。買い戻しに必要な資金は8000円です。そして最後に、買い戻したETFを業者に返せば、これで空売りの完成です。最終的に、あなたの手元には2000円のお金が残りましたよね。
これが利益になる仕組みなんですよ。

いかがですか?空売りの簡単な仕組みについては理解して頂けたでしょうか?これを利用すると、上記のように価格が下がるほどに大きな利益となり、逆に、価格が上がれば買い戻しに大きなお金が必要になるため、その分が損失として返ってきます。

いくつかの証券会社では、この空売りをETFでも出来るようになっています。空売りを利用すれば、上昇or下落に関係なく、どちらの側面からでも利益を狙うことが可能です。ただし、少し難しいテクニックなので、空売りを利用する前には十分に勉強しておきましょう。

海外ETFの初心者向け人気証券会社 BEST3
1位: 使いやすさで人気NO1!楽天証券
2位: 総合力ならマネックス証券
3位: 根強い人気!SBI証券

関連エントリー

 
Copyright © 2010 海外ETFの配当や手数料ってどうなの?ETF初心者入門講座. All rights reserved